小児科医による育児講座~♪ ・・・家庭でこどもを見守る為に 

@赤マタ企画室長

10月22日(金曜日)14:30~15:30 赤マタ企画室において
小児科医・福井聖子先生による育児講座を開催しました。

(社)大阪小児科医会小児救急部会発行の「家庭で子供を見守るために」をテキストに
誰にでも解かる簡単な言葉で楽しく説明をしてくださいました。

DSCF6740.jpg


子供の体調を判るためには、子供の体を日頃から見て触ってよく観察しておくことが大切です。

 ①家庭で見ていても大丈夫
 ②急いで連れて行かなくても大丈夫
 ③とにかく早く病院へ行かないといけないほど悪い
と言った体調を見分けることが必要になります。

「熱」や「嘔吐」があっても、場合によってはすぐに病院へ連れて行くよりも
家でゆっくり安静にしておいた方がいい場合もあるようです。

★(但し生後6ヶ月未満、特に3ヶ月未満の赤ちゃんは症状が熱だけでも早く診察した方がいいそうです。)

勿論病院での治療は大切ですが、家庭や安心できる場所が子供にとって回復する力になるそうです。
家庭の力ってすごいですね!

まだまだ紹介したいことは山ほどあリますがとてもここには書ききれません。
中待合室の赤マタ文庫にテキストを設置しますのでご覧になってくださいね。

少しでもママの不安が軽減出来ることを祈ります。

DSCF6742.jpg


最後に福井聖子先生は
医師でありご自身が三人のお子さんのママでもあるので、
母親の気持ちや立場を汲んでもらえるのがありがたいなぁと思いました。

ありがとうございました。



GALAXY S 発売開始!! 

@アカマタちゃん


ドコモ スマートフォン 「GALAXY S」が発売開始されましたね。

l_yuo_galaxy_01.jpg


iPhone4ユーザーのアカマタちゃん

本日、「GALAXY S」の実機を触ってきました。

iPhoneより軽くて掌にフィット感があるように感じます。


・最新の「Android OS 2.2」搭載
・iPhoneには非対応のFLASHにフル対応
・サムスン電子の超高精細な有機ELディスプレーを搭載していて、
 写真や動画が綺麗
・iPhone4よりも動きが速い!

やはり Flash にフル対応っていうのは大きいですね。

ワンセグやおサイフケータイといった機能は無いけど、ドコモが提供するサービス
「SPモード」に対応していて、ケータイと同じ@docomo.ne.jpと
いうアドレスのiモードメールが、そのまま使用できます。

これは、既存のFOMAユーザーはだまってはいませんね。

現にアカマタちゃんも 予約してしまいました。。。
11月に他機種も販売されるので それと比較してからになりますが・・・。



もう一つ iPadと競合しそうなのが「GALAXY Tab」

l_yuo_galaxy_02.jpg


やはり 出ましたね、iPadの小さい版。

約7インチ画面で携帯には便利。
iPadは、人前で使うには躊躇してしまうけど これだったら片手でも持てるし
大きい目のポケットだったら入るし使いやすそうです。

ただ アプリの充実性やビジネスでの使用を考えるとまだまだiPadかも知れませんが
これから新機種が次々と出てきますよ。。。


スマートホン 比較表



。.:*:・'゜☆ 産 時 想 ☆。.:*:・'゜ 

@ママちゃん達

予定日から3日遅れでやってきた陣痛でした。
2週間前の検診からすでに子宮口はいい感じに開いてきているから
早く産まれそうと言われていたので ドキドキの毎日でした。

早朝から始まった陣痛でしたが 入院したのがPM2:30頃でそこからは
陣痛が弱く子宮口は開いてきてもなかなか分娩室には移れず 両家の母親と
主人に付き添ってもらいながら つらい陣痛でした

やっと 分娩室に入ったのがPM8:20ぐらいでそこからは私には長く感じましたが
立ち会った主人はすぐだったと言っていました。

最後まで陣痛が弱く1回の波で3回いきむのがきつかった!

もうイヤーと思ったら産まれていました。
自分のおなかから出てきたなんて信じられない大きさ。

でも嬉しかった!

入院中は 思ったよりハードスケジュールですよ~。
でも 授乳のたびに抱く我が子はかわいくてたまりません。
おっぱいの出もまだあまり良くないみたいだけど 一生けんめい吸っている姿には
びっくりです。

がんばるぞ

これから いろいろ大変だろうけど 子供への愛情でのりきっていきましょう。

今、虐待とか多いですものね。
こんな思いで産んだ子 そんな事させられるわけがない!

がんばりましょ~♪



。.:*:・'゜☆ 産 時 想 ☆。.:*:・'゜ 

@ママちゃん達

24日、家で洗濯物を干してると、何かドバッと出て「破水?」と思い 赤井さんへ入院の用意を持って行ったけど、おしるしで帰宅することに。。。

その日から、お腹の張りとと痛みが出てきたものの感覚はバラバラで・・・。

25日の夜10時くらいからお腹の痛みや張りが強くなり ベッドに横になっても寝れなくて・・・

日付が変わり 26日AM1:00頃から腰の痛みも加わり間隔をみると15分から5分でバラバラ。

AM3:30くらいまで我慢してみたけど痛くて赤井さんにTELしてみた。

痛みが強いなら1度来て と言われたけど上の子は寝てるし、まだ我慢できる痛さだったので家で様子を見ることに。

AM5:00すぎ 我慢も辛くなってきて 実家の母にきてもらい 上の子を見ててもらい病院へ・・・

車の中で 旦那と
「帰されるかもね」
と話しながら痛みが来たら深い呼吸で耐えながら行き、すぐに陣痛室へ。

内診の結果、子宮口が8cm~9cm開いてるって・・・

「入院ですか?」
と聞くと
「入院っていうかお産になるよ」
と言われ すぐに実家の母にTELして上の子を連れてきてもらいました。

陣痛室でメールをしていると破水し、旦那に助産師さんを呼んでもらいました。

まだまだ痛みと痛いの間は余裕でおしゃべり。

すぐに分娩室へ移動。

「上の子が来るまで産めない!」
と思い耐えていると また破水・・・

痛みが一気に強くなった。

上の子が来て、旦那と上の子が見守る中出産。

病院に来て1時間もかからず産んじゃいました


産むときの痛みは同じで痛かったけど 陣痛は1度体験していただけあって
「まだ我慢できる!!」「もっと痛かったはず」
と我慢しているうちに 知らないうちに我慢できました。

2人目は後産が痛いと聞いていたけど 本当に痛かった。

入院中はおいしい食事に優しい助産師さんたちに囲まれゆっくりできたし楽しかった。

家に帰ったら2人の育児 大変だろうけど頑張るぞ

赤井さんで出産できるなら もう一人くらい産んじゃおうかな~~



ピンクリボン 

@アカマタちゃん

ピンクリボン(Pink ribbon)とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的としてに行われる世界規模の啓発キャンペーンです。

様々な企業が 協賛・応援しています。

http://pinkribbon.yahoo.co.jp/about/


10月17日は 神戸で
「ピンクリボンスマイルウオーク!」が開催されます。


そして JMS(ジャパンマンモグラフィーサンデー)です。

JMSとは NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)が
お仕事や介護をされている方、小さいお子様のいる方など 多忙な日々を送っている方々のために世界的に乳がん啓発強化月間としている
「10月第3日曜日に全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境づくり」
を目指して全国の医療機関に呼び掛けた初めての取り組みです。


乳がんも 早期発見・早期治療が大切!!

登録医療機関は

賛同医療機関一覧
http://www.j-posh.com/10sandou.htm
でご確認くださいね。




ルイ君 ショーデビュー  ~♪ 

@アカマタちゃん

以前、当院に居られた村中Dr.の愛犬シルバーのトイプードル ルイ君です。


そのルイ君が いよいよショーデビューです。

DSC_8340のコピー


出番待ちのルイ君 とてもお利口さんです。

DSC_8331のコピー


セットアップしたルイ君。こ~んなにゴージャスになるんですよ。

DSC_8358のコピー


残念ながら 時間の関係で肝心なルイ君の晴れ姿は見れませんでしたが。。。

DSC_8354のコピー



今や、日本の子供の数を上回っているペット達。

村中Dr.家のワン達のように アジリティーや訓練やショーと活躍している子たちも居れば・・・



超甘やかして大した芸も出来ずにお気楽に暮らしている我が家のワン達。。。

DSC_6595.jpg

今も 私の足元でヘソ天で爆睡しているのでありました。。。



。.:*:・'゜☆ 産 時 想 ☆。.:*:・'゜ 

@ママちゃん達

1人目の女の子を こちらのクリニックで出産させて頂き 先生のソフトな印象で
また助産師さんのアットホームな雰囲気で次も必ずこちらで産もうと決めていました。

まだいらないかな~と思っていると 娘が1年生になっての第2子の出産となってしまい
痛みも随分前に忘れ去ってしまっていました。
予定日になりましたが中期~ずっと良く張っていましたので 早いかな~と思っていました。

臨月に入りそろそろ産みたいなーと思ってもなかなか。
15日位~少し気配はするのですが 1日1日が過ぎました。
17日、結構いつもよりキツイ痛みが10分おき~7分おきと 夕方~深夜に続きました
が耐えられる痛みだったので 就寝。

朝にはっかりおさまっていました。

19日早朝 少し「おしるし」が。

でも ほとんど痛みなし。
用事を済ませて8:30すぎにTELしてから診察に。

3~4cm開いているので 入院とのことでしたがなかなかお産につながる陣痛が来ずに
昼食・おやつ・夕食も食べちゃいました。

助産師さんの優しい笑顔と気配りで長い陣痛室をイライラせずに過ごさせていただきました。

20:00頃から痛みが増し 立ち会いの娘を主人の見守る中 21:00頃から
痛みがまし立ち会いの娘と主人の見守る中 21:00頃分娩台に!!

分娩台では、娘をこわがらせないようにと 落ち着いてBABYと力を合わせて助産師さん
の言葉も聞きながら産むことができました。

見ていた娘に聞くと
「 『んー ブチュッっ』て産んでた 」そうです。

赤ちゃんの顔を見ていると母の実感が湧いてきてとっても幸せな気持ちです。
今は、少し傷が痛かったりで3人目は迷いますが もし3人目をつくるなら 又こちらで
出産したいです。

ご飯もおいしいし スタッフの皆さんありがとうございました。

☆ 7年前に居られたスタッフの方もいて 娘をとりあげてくださった方もいてうれしかったです。